お墓参り

入院されて4年になる透析の入院患者さま。
唯一の身よりだった娘さんが亡くなり、帰る場所がなくなってしまいました。

「3年前に納骨へ行ったきりの娘の墓参りがしたい。」

そう希望され、医師、看護師、リハビリスタッフで協力し体調を整え、お墓参りへの外出をしました。

墓地についてみると、通路は車椅子の幅ギリギリで、段差も多く墓前にたどり着くまでがとても大変でした。
たどり着いたお墓は、雑草でいっぱいでとてもお参りできる状態ではありませんでした。
スタッフで雑草をできるだけ排除し、墓前にお花と線香を手向けました。

普段からあまり感情を表に出されない患者さまでしたが、この時は、ほっと安心されたような優しい笑顔が見られました。
このお墓参りが、患者さまにとって最期の外出となってしまいましたが、今でもあの時の笑顔は忘れられません。

関連記事

キラっと看護 今日のありがとう
  1. 2018.01.11

    大切なこと
  2. 2017.12.15

    技術の伝承
  1. 2017.11.10

    送り迎え
  2. 2017.11.10

    夜勤交代
  3. 2017.11.10

    採血の神様
  4. 2018.01.23

    恐怖の電話
PAGE TOP