総看護師長あいさつ

ー 私たちの看護 ー

私たちの看護

富山協立病院・富山診療所・水橋診療所・介護施設は
地域に密着した医療生協と民医連の事業所です。
その中で看護部は
『患者の立場に立ち』『患者の要求から出発し』『患者と共にたたかう』
ことを基本理念として看護を実践しています。
外来・入院から在宅まで切れ目なく総合的なサービスが提供できるよう多職種と連携し
いつでも、どこでも、誰でも、安心できる医療・福祉を目指しています。
「人の役に立ちたい」「やりがいのある看護がしたい」
そんな思いを持った看護師さんを求めています。

皆さんも患者様を囲む連携の輪のひとりとして一緒に働きませんか?

仕事風景総看護師長 高嶋峰子

看護理念

ー 富山協立病院 看護理念 ー

富山協立病院
看護理念

『患者の立場に立ち』『患者の要求から出発し』『患者と共にたたかう』
ことを基本理念として看護します。

「いのちの章典」

医療・看護に活かし発展させるために

患者と協同して取り組みます。

ー 看護部の目標 ー

看護部の目標

1. 患者の人権を尊重し、安全で満足度の高い看護を提供します。
2. 患者・家族の状況をよく知り、家族を含むチームで患者の治療・看護にあたります。
3. 地域に根ざした総合的なサービスが提供できるように、医療・福祉・介護職や地域組合員・ボランティアのネットワークを築き、その一員として携わります。
4. 医療情勢を深く学び、真の社会保障充実の為に、患者と共に運動に参加します。
5. 自らの職業に誇りをもち、心身の健康および自己啓発に努めます。

がんばる協立花子

ワーク・ライフ・バランスとは!?

「仕事と生活の調和」と訳され、「一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す。
富山協立病院 看護部では、ワーク・ライフ・バランスを推進しています☆

PAGE TOP