看護職のワーク・ライフ・バランス推進カンゴザウルス賞    受賞!

5月6日(月)グランドプラザで富山県看護協会主催の「看護の日」看護フェスティバルが開催され、

看護職のワーク・ライフ・バランス推進カンゴザウルス賞の授賞式が行われました。

ワーク・ライフ・バランス ⇒ 仕事と生活の調和 を取りながら

『継続して働き続けられる職場づくり』に3年間取り組んだ施設に贈られる賞です。

今年は当院を含め3施設の受賞となりました。

壇上に上がり、賞状を読み上げられているときに、3年間の取り組みが次々と思い出されました・・・。

参加したワークショップでは、オブザーバーの方からのアドバイスで富山協立病院の強みに気づくことができ、

アイディアをたくさん出し合うことができました。

どうしたら職場環境が良くなるのか、どうしたら皆さんに喜んでもらえるのか、

プロジェクトメンバーを中心に真剣に考え、実態調査に取り組んだこと。

さまざまな部署から、職種からたくさんの声を聞き取りまとめたこと。

今思うとたいへん貴重な経験をさせていただいたと思います。

当院のワーク・ライフ・バランスの取り組みはこれからも続いていきます。

病院全体でアイディアを出し合って、もっともっと良い職場になっていけたらと思います。

ありがとうございました。

 

 

関連記事

キラっと看護 今日のありがとう
  1. 2017.12.15

    技術の伝承
  1. 2017.11.10

    夜勤交代
  2. 2017.11.10

    採血の神様
PAGE TOP