先輩ありがとう

日々の仕事やスタッフ間でのコミュニケーションでうまくいかない事があり、

自己嫌悪で看護師を辞めようかと悩んでいた時期がありました。

私は看護師に向いていないのかも・・・

私がしているのは看護ケアなのかな・・・

自問自答を繰り返し、解決策も見つからず、毎日悶々としていました。

そんな時、ある先輩が

「どうした?顔曇ってるね。話聞くぐらいしかできないけど、いつでも相談においで」

と優しく声をかけてくださいました。

おもいきって話を聞いてもらい、アドバイスをいただいたことで気持ちが晴れ、

「また頑張ろう!」「いい看護を提供したい!」と

看護師を続ける意欲がわいてきました。

先輩。あの時、私のことを気にかけて、声をかけてくださってありがとうございました。

関連記事

キラっと看護 今日のありがとう
  1. 2017.11.10

    こばと保育園
PAGE TOP