笑顔と安心を届けるために

1月12日(火)

富山県内では災害級の大雪となりました。

現在、降雪は少し落ち着いたものの、生活には深刻な影響が続いています。

物流が滞り、給油量を制限するガソリンスタンドが出始めています。

スーパーでは食料品が不足し「もう冷蔵庫が空だ」と悲鳴も聞かれています。

雪が降り積もった悪路で立ち往生する車両が続出し、休日返上で雪かきに励みました。

地域の高齢者を孤立させまいと皆で声をかけあい、

学生の通学路を確保するため、歩道や通学路の除雪が昼夜返上で進められています。

 

当院の今朝の様子です。

リハビリスタッフ、事務職員などで協力し

埋もれてしまった訪問リハビリや往診の車両を掘り出し、落とした雪山の除雪。

患者さまの通行に支障がないよう、正面玄関や薬局への道を除雪。

除雪車両が入りきれない箇所を、職員で手分けして除雪しました。

みんな汗だくになり、手もマメだらけです。

それでも、患者さまのもとへ行かなければなりません。

安否確認、お薬の確認、リハビリも大事なのですが、

やはり「大丈夫でしたか?」と顔をみてお話しし

笑顔と安心を届けることが大事なのではないかと思います。

関連記事

キラっと看護 今日のありがとう
  1. 2018.06.27

    サプライズ
  1. 2017.11.10

    採血の神様
PAGE TOP