リハビリと気分転換

障害者病棟より。

障害者病棟は パーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経難病の方や脊髄損傷などの重度肢体不自由の方、重度の意識障害などの方が入院される病棟です。

普段ベッド臥床している時間が長い患者さんですが、車いすへ移乗しリハビリテーションをして過ごす時間があります。

親子で入院している患者さんは、お母さんの病室まで会いに行ったり、普段自分ではできない整容をリハビリ職員の力を借りて行っています。

ベッド上で過ごす時間の長い患者さんにとっては、気分転換の時間になっています。

暖かい季節になったら外へお散歩に行きたいと思っています🌸

関連記事

キラっと看護 今日のありがとう
  1. 2017.09.25

    お墓参り
  2. 2018.01.11

    大切なこと
  1. 2017.11.17

    玉子さん
PAGE TOP