透析室より

透析患者は下肢末梢動脈疾患(PAD)の合併が多く、重症虚血肢に至ると予後は著しく

不良となります。そのためPAD、足病変を早期に診断・治療することが重要になります。

そこで透析室ではPADのリスク層別化とフットケアの間隔と内容を定めた鎌倉分類を取り入れ

患者さまのフットチェックを行っています。

 

関連記事

キラっと看護 今日のありがとう
  1. 2017.11.10

    良い看護師に
  2. 2017.11.10

    採血の神様
PAGE TOP